Microsoft Office2000シリーズ(Access2000)



Info WebAccess2000 index


テーブルを作成する
No.1-2



※まず、情報をいれるための場所を作らなければなりません。
この情報を蓄積するところをテーブルといいます。
では、テーブルを作成しましょう!


1.データベースウィンドウの[オブジェクト]にある[テーブル]をクリックします。
2.ウィンドウ上にある新規作成(新規作成)をクリックします。

データベースウィンドウ



3.「テーブルウィザード」をクリックします。
4.OKを押す。

テーブルの新規作成



※テーブルウィザードの画面では選択していくだけで簡単にテーブルを作成できます。
※取り消す場合は、「新規テーブルのフィールド」から選択して、「<」ボタンを押します。

5.[個人用]を選択します。
6.テーブル一覧から[住所テーブル]をクリックします。
7.フィールド一覧から使用するフィールド名をクリックし、「>」ボタンで登録します。
8.次へ(次へ)進みます。
※フィールド名の変更があれば、この段階で変更して下さい。

テーブルウィザード



※この画面では、テーブルの名前を変更できます。
※主キーの設定は自動にしておいてください。
ここでは、詳しく説明しません。

10.「次へ」のボタンを押します。

テーブルウィザード



11.入力用のフォームも作成する必要があるので、「フォームウィザードで〜・・・」を選択します。
12.「完了」を押してください。

※ウィザード最後の画面です。
テーブルウィザード



フォームの自動作成

※このようなフォームが自動作成されフォームが開きます。
※このままでは使い勝手がよくありませんので、「フォームのカスタマイズ」で詳しく説明します。
※この状態ではフォーム設定は保存されていません。


このウィンドウ「閉じる」を操作すると、フォームを保存するかどうか聞いてきます。
フォーム作成結果
(フォーム作成結果)

1.「はい」をクリックします。
2.名前を付けて保存します。

フォーム名の変更があれば変えてください。よければ、このまま。

3.OKボタンを押す。


名前を付けて保存

以上でデータを蓄積するテーブルと、入力画面のフォームが作成できました。



Info WebAccess2000 index