Microsoft Office2000シリーズ(Access2000)



Info WebAccess2000 index


テーブルのデータの型を変更し、フォームに反映する
No.1-4-2



例として、
ウィザードで作成した「年賀状の送付」フィールドを
テキストボックスからチェックボックスに変更し、
フォームに反映させる説明をしています。

※この説明でテーブルに追加・変更したフィールドを、
フォームに追加する方法として覚えておきましょう。

※Yes/No型のフィールドでテキストボックスの入力欄を、チェックボックスにする。


1.データベースウィンドウの[オブジェクト]の[テーブル]をクリックします。
2.住所テーブルをデザインビューで開きます。
3.「年賀状の送付」のフィールドにカーソルを移動します。

そのウィンドウ下にある、フィールドプロパティの[ルックアップ]タグをクリックします。
表示コントロールを「チェックボックス」にします。




4.テーブルを保存してウィンドウを閉じて下さい。
5.次にフォームをデザインビューで開きます。




6.「年賀状の送付」のコントロールをクリックします。
その状態でキーボードの「Delete」を押すことで削除が出来ます。

※7・8の操作は、フォームに新たなフィールドを追加する

7.次に「フォームデザインバー」上にある(フィールドリスト)をクリックして下さい。




次のフィールドリストが表示されます。
フィールドリスト
このフィールドリストから「年賀状の送付」を追加します。


8.「年賀状の送付」をクリックします。

それをドラッグ(クリックしたまま、フォーム上へ移動して離す)してください。

チェックボックスとして追加されます。


9.フォームをデザインビューで開きます。

さっき説明したように、
各コントロールの移動ハンドルをドラッグしてレイアウトを、好みに変更して下さい。
(例、以下のようにレイアウトを変えてみました。不要なものはフォームから削除しています。)




Info WebAccess2000 index