Microsoft Office2000シリーズ(Access2000)



Info WebAccess2000 index


レポートのレイアウト変更
No.2-10



1.データベースウィンドウの[オブジェクト]の[レポート]をクリックします。
2.[ワインリスト]をデザインビューで開きます。



レポートは次のセクションで構成されています。


レポートヘッダー:
レポートの1枚目に印刷されるタイトルのような設定

ページヘッダー:
レポートのすべてのページ先頭に印刷される項目名などを設定する。
詳細:テーブル・クエリの情報を印刷する場所

ページフッター:
ページの最後に印刷される。日付や会社名などの印刷設定する場合が多い。

レポートフッター:
レポートの最後の一枚に印刷される。


※各セクションからセクションへの移動は、そのままドラッグで移動してください。
セクションの幅は、セクションの境界線上にカーソルをあわせると、カーソル形状が変わります。
そこで、ドラッグ(クリックしたまま、移動する)して下さい。

※基本的に、フォームレイアウト変更時と同じ要領で、レイアウトを整えてください。


以下のように1レコードを3行ずつ印刷するようにレイアウトしてみました。参考にどうぞ。
※詳細セクションで行を分けた場合、点線などを引いて、レコードの区切りを判り易くします。




3.直線を引くのに一時、詳細セクションを広げます。
4.ツールバーの直線をクリックします。
5.詳細セクションの左下のあたりをクリックします。
※3cm幅の直線が表示されます。




6.Alt+Enterを押して、直線のプロパティを開く。




幅を15cmくらいで、境界線スタイルを破線などにします。
高さを0にしないと水平線にはならないので注意してね。
詳細セクションの幅を調節するのを忘れないようにしましょう。

例のレポートプレビューの画面です。




Info WebAccess2000 index