Microsoft Office2000シリーズ(Access2000)



Info WebAccess2000 index


オリジナルの起動画面を表示する
No.5-1



データベースを起動したときに、フォーム表示を使って、起動画面を作ります。


1.フォームをデザインビューで新規作成します。
2.データベースのタイトルやバージョン、作成者の連絡先などを表示するとよいでしょう。
3.名前を付けて保存します。




このままでは、タイトル表示としてはカッコ悪いので余分な機能は表示しないようにします。




4.フォームのプロパティを開きます。
5.書式のタブを押して、下のように設定します。

スクロールバー:なし
レコードセレクタ:いいえ
移動ボタン:いいえ
境界線スタイル:細線
コントロールボックス:いいえ
最小化/最大化ボタン:なし




・データベースの起動画面の設定で、このフォームを表示するようにします。
・マクロを作成しておき、起動画面の「フォームを閉じる」アクションと、
入力フォームなどを開くアクションを登録しておきます。



起動画面が自動で閉じるようにタイマを設定します。

6.フォームのプロパティを開き、イベントのタブを開きます。
7.タイマ間隔に3000と入力します。(1秒は1000で、単位はミリ秒です。)
8.タイマ時にカーソルを移動します。
9.[・・・]のビルドをクリックします。




10.マクロ ビルダをクリックします。
11.OKボタンを押します。




12.マクロに名前をつけます。
※説明では、「起動マクロ」とつけました。



アクションを選択します。

アクション:閉じる
オブジェクトの種類:フォーム
オブジェクト名:起動画面

アクション:フォームを開く
フォーム名:ワインリスト

と設定します。




13.フォームを保存して閉じます。



Info WebAccess2000 index